やり方次第では逆効果にも!?育毛剤の正しい使用方法や注意点

育毛剤の正しい使用方法や注意点
育毛剤は正しい使用方法を心掛けないと、その毛髪サポート力を充分に生かせないこともあります。

かえって頭皮に悪いことをしてしまわないよう、注意が必要です。

「育毛剤ってどうやって使えばいいの?」
「効果を高める方法ってある?」

そんな疑問にお答えすべく、当記事では育毛剤の正しい使い方や注意点などについて解説いたします。

こうしなくちゃ意味が無い?育毛剤の使い方とは

育毛剤は基本的にシャンプー後に使用します。皮脂をしっかりと洗い流し、頭皮が露出した状態で使用するのが最も良いのです。

モノにもよりますが、育毛剤による頭皮ケアは毎日朝晩2回、できればシャンプー後に行うというのが基本となっています。

ただ、朝にシャンプーをする場合にはひとつ注意していただきたいことがあるのです。

それは、頭皮を完全に露出させた状態で外を出歩くと、紫外線などによるダメージを受けやすいということ。

たとえば朝にシャンプーをして育毛剤をつけ、その後すぐに出かけたりすると、頭皮がダメージを受けやすい状態にあるため、かえって頭皮に悪いのです。

ですから、朝はシャンプーをせずに育毛剤を使用するか、もしくはシャンプー&育毛剤使用後1時間ほど経ってから外出するようにしましょう。

シャンプーの仕方

薄毛対策を心掛けるなら、シャンプーの仕方にも注意が必要です。しっかりと皮脂を落とせる、それでいて頭皮の傷つかない仕方を心掛けなければなりません。

やり方は、まず熱すぎないお湯で頭をざっと流します。こびりついた皮脂を浮かすのにしっかりを髪を濡らすことと、指の腹でかるく頭皮を擦ってあげることが重要です。

その後、シャンプーを手に取り、ある程度泡立ててから頭皮につけます。髪の毛だけでなく、髪の根元、頭皮を洗うようにしましょう。

このときも指の腹で、爪を立てないよう注意しつつ、頭皮をマッサージするような感覚で擦っていきます。

頭皮全体を綺麗にしたら、シャンプーをしっかりと洗い流しましょう。ぬるぬるした感じが完全になくなるまで洗い流してください。

育毛剤を塗布

シャンプーを終え、お風呂を上がりましたら、必ず髪をドライヤーで乾かしてください。

からからになるまで乾かすのではなく、髪の毛が若干しっとりしているくらいにまででOKです。

その後、育毛剤を頭皮全体になじませ、ここでも指の腹で軽くマッサージをしてやりましょう。血行が促進され、栄養が行き渡ります。

育毛剤を塗布したあとは、それが乾くまではベッドに寝転がったりしないようにしてください。濡れた状態だと雑菌が繁殖しやすいので注意が必要です。

以上が育毛剤の正しい使用方法です。塗るときに爪を立てたり、すぐ外出したりしないよう注意してくださいね。